会社設立に必要な書類

これから仙台で会社設立したいと考え動き出している人もいると思いますが、会社設立は個人事業の開業とは異なり、開業届を出してすぐにはじめられるものではありません。
きちんとステップを踏んでいかなければなりなりませんし、その中には非常に重要な工程もあります。
そして手続きをするうえで調べておきたいのが会社設立に必要な書類についてで、これも個人事業主のときとは比較にならないくらいあります。

まず非常に重要な書類としてあげられるのが定款で、定款は会社の基本事項や機関設計、資本金などを記載した言うならば会社のルールブックのようなもので、基本事項・機関設計・資本金以外にもいろいろなことが記載されています。
定款に記載されている内容に沿って進めることになりますから非常に重要な工程になりますので、覚えておきましょう。

また株式会社の場合は定款の認証手続きが必要になりますが、これは公証役場で行います。
その際に持参するのが定款3通と発起人すべての印鑑証明書、発起人の実印、身分証明書、公証人へ支払う手数料50,000円、定款の写し交付手数料 250円×定款のページ数が必要になります。
これらを忘れずに持参して手続きを行ってください。
最近では定款を電子定款で作成する人が増えていますが、電子定款にする場合は専用のソフトを使いますので、電子定款に対応している専門家へ依頼してください。

次に法務局での登記申請時に必要な書類ですが、これは登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書、登記すべきことを保存したCD-RかFDといったものを準備してください。
登記申請が無事終わったら晴れて法人となりますので、そのあとは各会社ごとに必要に応じて必要な書類を準備して手続きをしましょう。