仙台で会社設立しよう

仙台は東北地方屈指の大都市であり、たくさんの企業が集まっている場所でもありますが、そんな地域だからこそ起業したいと考えている人も多いです。
それでは仙台で会社設立するにあたってどんなことを考えて取り組んでいけばいいのか、ここではその辺りの話をしていきたいと思います。

まず最初に大きな地域で会社設立をする場合、もっとも懸念されるのがコスト面での心配ですが、会社設立にはどのくらいコストがかかるかご存じでしょうか?
現在日本には4つの会社形態があって、その中から選べるようになっていますが、一般的には株式会社がもっとも多いです。
株式会社は旧会社法では最低でも1,000万円の資本金を準備しなければなりませんでしたが、今ではそういった規定も廃止され、1円でも会社設立することが可能です。
ただ現実的に考えて1円で起業するのは難しいですし、資金調達はきちんとやっておかなければなりません。

自己資金ですべて賄えればそれが一番いいのですが、なかなかそうはいかない可能性も高いですから、資金調達の選択肢について知っておいたほうがいいでしょう。
会社設立にかかる費用は株式会社の場合、定款の作成時に紙だと印紙代40,000円、定款の認証手数料50,000円、登記申請時の登録免許税150,000円、そこに手数料を加えてだいたい200,000円〜240,000円かかります。
合同会社の場合だと定款の認証が必要なく、登録免許税も60,000円なので会社設立費用はかなり安くなります。

さらにポイントになるのが資本金で、資本金は会社運営に直接関係する重要なお金ですから、十分な金額を用意しておかなければなりません。
資本金はだいたい会社スタートから3か月間程度の運営費を準備できれば良いと言われていますから、そこをひとつの目安に準備してください。
このように会社設立には多くのポイントがありますので、ひとつひとつしっかり押さえておきましょう。