マナーを守って会社設立のお祝いを

会社設立

会社設立のお祝いも他のお祝い事と同様にマナーがあるので、基本的なマナーについて知っておくことは大事です。
会社設立のお祝いに現金を贈る場合には、結婚式のご祝儀などと同じく新札を金額分そろえて用意するのがマナーとなっています。
またお祝い金を包む封筒については、水引の絵が印刷された略式のご祝儀袋ではなくて、水引と熨斗が付いた正式なご祝儀袋を使用することが大事です。
慶事のお祝い文字は濃い墨で太く書くことが基本なので、筆や筆ペンで書くのが難しい場合でも、ボールペンや万年筆など細字の筆記具は避けて黒の太字マーカーを使用しましょう。
ただ会社設立のお祝いに現金を贈るのは気が引ける場合は、同義に該当する商品券やギフト券を贈っても問題ないです。
それから、会社設立のお祝い金を贈ろうと考える場合には、一般的な相場を参考にして金額を決めたいと考える方も多いですが、先方との間柄によって金額の相場も変化します。
友人・知人の場合なら3,000~10,000円、親戚・古くからの親しい友人の場合では10,000~30,000円、家族・親族の場合は30,000~50,000円、ビジネス上の取引先の場合なら10,000~50,000円というのが相場です。
ただし会社設立のお祝い金には厳密な基準がないので、この相場内で贈ってあげたいと考える金額を選択しておくと、とりあえず失礼にはならないでしょう。

会社設立のお祝いを贈り物にするのなら、渡す時期や贈り方に配慮が必要ですし、贈り物にはタブーとなるものもあるので注意が必要です。
一見無難と考えられるので選びたくなりますが、会社設立のお祝いとして適さない贈り物があるので、必ず事前にチェックしておきましょう。
お祝いを贈る時期は会社設立の前日から当日に到着するのがベストで、店舗やオフィスに出向いて手渡すのなら、会社設立当日に持参すると良いです。
贈り物でタブーとなるものは、赤いものや火に関連するもので、具体的には真っ赤な花や喫煙具、暖房機器などが当てはまります。
また使い道があって便利と考えられるお茶の葉や海苔は、葬儀での香典返しに多く使用されるという理由から、お祝い事では避けるのがマナーです。
それから、マットやカーペットなどの敷物、スリッパなどの履物は、どちらも踏むものなので、目上の人へ贈るのは失礼とされています。
ハンカチは結婚祝いに贈ってはいけないと言われますが、その理由は別れる・縁を切るというイメージがあるからで、同じ理由から会社設立のお祝いとして贈るのもタブーと言えるのです。