会社設立に資本金はいくら必要?

会社設立に向けてもっとも苦労すると言われているのが資本金の準備ですが、資本金はいくらあれば足りるのでしょうか?
これは会社設立する人からよく聞かれる疑問点ですが、資本金の金額は事業の内容や規模によって必要な金額は異なりますし、経営者がどのような会社にしたいのかにもよりますから明確な答えを出すのは大変難しいです。
資本金とは主に会社運営に使うためのお金なので、どのように運営していくのかどんな商品を扱ってどんな売り方をしていくのかなどを最初に考えたうえで決めます。

会社設立の最初の時点で基本事項となる事業内容を決めますが、このときに発起人が集まると思いますので事業の方向性などを話し合ってみてください。
そして発起人だけでなく専門家を交えてどのような経営がベストなのかを学ぶこともポイントになります。
特に初めて会社設立する場合は経営のノウハウもよく分かっていないでしょうし、しばらくは手探り状態で運営していくことになるでしょう。
そんなときに専門家のアドバイスがあれば右往左往せずに対応できますし、いろいろな相談にも乗ってもらえてとても助かるはずです。

資本金の金額について話を戻すと、これは業種によって異なるものの、目安としては会社スタートからおよそ3カ月程度の運営費用は最低でも必要になると言われています。
したがってまずは1か月あたりどのくらいの運営費がかかりそうなのかを計算しなければなりませんし、少し多めに見積もっておいたほうが安心でしょう。
なぜ3カ月の運営費が基準になるかと言うと、会社を立ち上げたからと言ってすぐに経営が軌道に乗るわけではなく、最初は取引先も獲得していかなければなりませんし、仕入れなどでお金を使いますから赤字になる可能性が極めて高いからです。

ただ多く用意すればいいというわけでもなく、たとえば資本金1,000万円未満の新規企業に対して最大で2年間消費税が免除になるという制度もありますので、よく考えて設定してください。