会社設立にかかる費用

仙台では今若い起業家たちが積極的に会社設立をしているそうですが、新たに会社設立するときに気になるのが費用です。
会社設立は個人事業主のように開業届を出せばすぐはじめられるものではありませんし、手続きをしなければならないのでスケジュールに沿って進めていく必要があります。
各手続きごとにかかる費用は異なりますので、会社設立の流れの中でいくらかかるのか確認しておきましょう。
ここでは一般的な会社設立にかかる費用について説明していきたいと思います。

はじめに株式会社を設立する場合は定款の作成費用として紙で作る場合は印紙代40,000円、そして定款の認証が必要になりますのでその手数料が50,000円必要になります。
加えて謄本手数料が2,000円程度かかります。
また登記申請時には登録免許税として150,000円必要になりますし、印鑑証明書などの書類を取得しなければならないので、それらの手数料もかかります。
トータルでだいたい200,000円〜240,000円程度になりますので、資本金のほかにこれだけは必ず準備しておきましょう。

次に合同会社を設立するときの費用ですが、合同会社は定款の認証が必要ありませんので、定款の作成費用は紙で作る場合は印紙代40,000円のみになります。
登録免許税も60,000円と株式会社の半分以下になっているので、トータルでも60,000円〜100,000円程度の費用で設立可能です。
各種手数料などは株式会社同様必要になるものの、コストの安さを考えるなら合同会社もいいかもしれません。

会社設立費用はこれだけですが、このほかにも資本金に加えて必要なものを揃えるための費用を準備しておきましょう。
たとえば会社で使うデスクや椅子、パソコンやプリンターといった機器は必ず必要になるでしょうし、インターネット回線がまだ開設されていないのであればその費用もかかりますので、あらかじめ用意しておくとスムーズに進められます。